正しい洗顔をすればきれいな肌をキープできる

スキンケアの中で一番お肌にダメージを与えるケアというのはクレンジングです。

 
クレンジングで間違ったケアをすることは、肌をきれいにするどころか肌の環境を悪化させてしまいます。

 

 

 

今の肌の調子がいまいち、どうしたらいいかわからないという時には「落とす」ケアを見直してみることが大切です。

 

 

 

落とすケアはその肌質によっても異なりますが、メイクをした場合にはきちんとメイク汚れを落とす必要があります。

 

 

ファンデーションやメイクは油性の汚れですので、普通に洗顔をしただけではしっかり落とせません。特に目の際に引いたアイラインなどは丁寧に落とさないと肌に残ってしまい色素沈着の原因にもなりかねません。

 

 

 

そのメイクに合わせて必要な洗浄力のあるクレンジングを選ぶことが大切です。

 

 

 

オイルクレンジングはウォータープルーフのメイクもきれいに落とせますが、クレンジングが肌に残ると酸化の原因にもなります。毎日続けると肌へのダメージも大きいというデメリットがあります。

 

 

ですからポイントメイクはポイントメイク用のクレンジングを使うことも大切です。

 
普通のメイクでしたらミルクやクリームタイプのクレンジングで十分です。

 

 
油分のあるクレンジングは丁寧にメイクと馴染ませてから、すぐに洗い流すのではなくて少量の水分で乳化させて油分を顔から落としやすくすることを忘れてはいけません。

 

 

 

毎日メイクをしていると肌に負担が大きいと感じる、メイクを早く落としたいといつも思うような人の場合は最初から落としやすいメイクをすることも必要です。

 

 

 

ファンデーションもミネラルタイプを選べば普通の洗顔フォームで落とすことができますのでそれだけ肌への負担も減らすことが出来ます。

 

 

 

夜はクレンジングや洗顔フォームで洗うけれど、朝はどうしたら良いのでしょうか。夜は寝ているだけだからぬるま湯で十分という考え方もあれば、夜中に出た皮脂汚れをしっかり落とさないといけないという考え方もあります。

 
朝の洗顔は、肌のコンディション次第で決めるべきです。

 

 
乾燥が気になるのでしたら洗顔では潤いを落としすぎてしまいますので、水洗顔で十分です。夏場など肌のべたつきが気になるのなら洗顔フォームで適度に落としてさっぱりしたほうが気持ちよく過ごすことが出来ます。

 

 

くすみが気になる場合にも、水洗顔より洗顔フォームで洗ったほうがターンオーバーを助けることが出来ますね。

 

 

 

クレンジング、洗顔の時に気をつけたいことは、汚れを落とそうとするあまりゴシゴシと肌に負担になるような洗い方をすることです。

 

 
特にやりがちなことですが、洗顔のついでにマッサージをしたりいつまでも泡をつけたままでいることは、過剰に皮脂を洗い流してしまい、インナードライや皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

 

 
洗う時間はできるだけ短く、洗い流す時間はその倍以上の時間をかけて行うことで、汚れはしっかり落とすけれど肌に必要な潤いだけは残すことが出来ます。

 

 

 
そして洗顔後はできるだけ早くに保湿をして肌を整えておきます。洗顔では汚れを残さないようにして潤いを補充するケアをすることが、きれいな肌をキープするためには重要なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ